新入社員の悪い癖Ⅰ

2018/02/16

先日、2017年度入社の新入社員フォロー研修を行って感じたことです。

女性が3分の1を占める営業研修でした。

 

いつもこの時期の新入社員のフォローをして思うことが二つあります。

 

今日はその一つ目のお話です。

 

それは、

「なぜ嫌いな仕事を見つけてしまうんだろう?」

言葉を変えると、

「どうしてまだ始まったばかりの仕事に、好き嫌いの定義づけをしまうんだろう?」

 

ということ。

 

まだ1年も経っていないのに・・・。

まだ右も左もわからないのに・・・。

 

もちろん人間だから、本能的に嫌いなこともあるかもしれません。

でも、まだまだこれからいろんなことを覚え、成長していく段階で、

 

「この業務は嫌いだ」

「これは私には向いてない」と、

決めつけてしまうのは、良くないことだと思うのです。

 

実際、研修で、まず自分の行動から「自分の価値観を洗い出す」ワークを行い、自分自身の中を深堀りします。

そして次に、その嫌いな仕事を自分の価値観と照らし合わせて

自分にとってその嫌いな業務がとてもメリットがあるんだということを自分の頭で気づくと・・・

 

ほぼ全員が、今まで苦手で嫌だと思っていた業務も、

「進んでやってみよう!」という意欲が高まるのです。

 

人間の意識というのは、本当に面白いものです。

それをしっかり叩き込むのが私の仕事です。

 

今回の受講生たちも、きっとそれに気づいてくれました。

よかった!

これからきっと頑張ってくれることでしょう。

 

もうすぐ後輩も入ってくるし、

お客様と本気で向き合って、素晴らしい営業パースンに育ってほしいと思います。

 

ということで、今日はこの辺で。

次回は二つ目のお話を予定しています。

 

 

✨ 今日の一言 ✨

それって本当に嫌いな業務?